blog


4~5月雑記 (2017/05/31)

ご無沙汰でございます。アルファノートの四月朔日です。気が付けばもう5月も終わりです。
3月~5月は壮絶に忙しくて、「佐野康夫ドラムレコーディングの流儀~プロの現場のシミュレーションから学ぶ匠の技と心得~」「櫻井哲夫 密着365日 〜国境を越えて音世界を旅するベーシストの日々〜」「有山じゅんじ ありやまなチンチン電車の旅!阪堺電車一周ライブ」これらの編集をほぼ同時進行で行っておりました。それに加えて、佐野さん、有山さんのイベントの準備・運営も行っており、過労死寸前でようやく全ての制作を終えることが出来ました。

一つ一つ振り返りましょう。
佐野康夫ドラムレコーディングの流儀~プロの現場のシミュレーションから学ぶ匠の技と心得~
佐野康夫さんのお仕事は梶原順さんのDVDの方法論とは若干異なるベクトルで制作しました。佐野さんの楽曲をよりグルーヴィーにさせるドラミング鳥肌ものです。5/27のIKEBEさんとの共同開催したイベントで目の前で見れた方はラッキーだったでしょう。7/9の大阪でも決定しました。打ち上げで佐野さん、コージー村上さん、カノウプス松村さんと激辛ウマ麻婆豆腐で作戦会議しました。大阪お楽しみに。

櫻井哲夫 密着365日 〜国境を越えて音世界を旅するベーシストの日々〜
憧れのバンドカシオペア。高校でコピーバンドもやったし、そんな憧れの櫻井哲夫さんとの仕事です。1年間もガッツリ連絡を取りあい、撮影に編集に深夜まで毎日お付き合い頂いてお互いこだわりを妥協せずに詰め込んだ作品は4時間50分にもなりました。お互い命を削って作り上げた渾身のDVDです。

制作ルームでAM11時から深夜3時まで最終編集をやったときの写真。

打ち上げ写真。(左野さん、櫻井さん、四月朔日、ゆき)

本日より渋谷タワレコさんで櫻井哲夫さんのDVDがプッシュされるそうです。ぜひお近くの方はお立ち寄り下さい。

有山じゅんじ ありやまなチンチン電車の旅!阪堺電車一周ライブ
有山じゅんじさんの初のソロライブDVDです。どうせライブを撮るなら普通のライブハウスで綺麗に撮るのではなくて、チンチン電車の中のライブはどう?と有山さんからお話いただき、鳥肌が立つほど素晴らしいと感銘を受けて、撮影させて頂きました。座席も一杯でお客様優先のイベントであるので、撮影班は2名。しかも1名はかなり揺れている車内で立った状態での撮影です。三脚を立てるスペースもなく、一脚での撮影でした。ですので、映像は揺れているシーンも多々あります。集音はワイヤレスピンマイクを有山さんにつけていただき、それをメインにし、TASCAM DR-44WLでエアを集音。これだけです。有山さんのギターアンプもレンタルでしたし、それより阪堺電車の素敵な車内、車窓から見える景色、お客さんとの和気藹々とした温かい雰囲気を伝えたいのでした。昨日10/28に行われたイベントでは有山さんへの64の質問では有山さんのこれまで語られなかった?色々な有山さんの事をお話頂きましたし、有山さんの素敵なライブで盛り上がったのでありました。主催の音遊の宮田さん、みやっちさんありがとうございました。

平行して4案件進行してますが6月からは新プロジェクトの制作開始です。来年1月までのラインナップは決定してますので、体を壊さないよう頑張ります。
私事ですが、ヤマハミュージックメディアさんから出させて頂きましたこちらの本の重版も決定したようです。

「ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~」